Topics

ユニットバス工事(横浜市磯子区)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

浴室工事です。

既存のタイルのお風呂を解体します。

担当は滝川大工と設備職人の長尾さんコンビです。

 

シロアリの被害を受けて、柱・土台がなくなってしまっています。タイルの古いお風呂はかなりの確率で、水の浸水被害が起きています。解体するまでわからないです。

 

ですが、滝川大工の手にかかれば難しいリフォームも応用力抜群で、対応していきます。リフォームではどこまで撤去しどこまで生かすかという判断を常にしていかなければなりません。その判断をお客さん寄りにするのか、それとも自分達業者の側が有利なようにするのか、リフォーム屋のモラルによって違ってきます。

無事、外壁補強も終わり、防水のためのコーキング打ちです。

そして、左官職人の永瀬さんにバトンタッチ。熟練の業、既存の壁との継ぎ目をきれいに処理していきます。

そして、内部ではユニットバス職人がせっせとユニットバスをくみ上げていきます。とても丁寧な職人です。

 

ユニットバス完成!