Topics

大谷石表面強化剤(逗子市久木)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本日は少し、面白い工事でした。

大谷石の土留めの表面がボロボロでしたので、対策が必要でした。

 

大谷石の表面の剥がれそうになっている部分を「爪金具」や「金ブラシ」できれいにそぎ落としていきます。

 

 

その後、大谷石表面強化剤を塗布していきます。

基本的に2回塗り、劣化が激しい部分は様子みて3回塗ります。

 

刷毛でしみこませるように塗っていくので、とても地道な作業となります。

大谷石の表面はカチカチに固まり、表面がボロボロ取れる現象はなくなります。通常の大谷石補修に比べて、相当なコストダウンが見込めます。

 

逗子、鎌倉、葉山のリフォーム店 TUJI建築工房

関連記事