Topics

真夏の屋根作業

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

夏の時期、屋根職人は何もさえぎるものもない屋根面で作業しています。温度はどれほどのなるのでしょうか?

 

サーモカメラで見てみると、なんと59.3度。

屋根職人がいうにはフライパンの上で作業をしているようだと言います。足の裏は水ぶくれになってしまうそうです。

ですが、今回遮熱塗料を塗っているガルバリウム鋼板屋根でしたら、断熱効果を期待でいます。写真の黄色い部分は、ガルバリウム屋根材ですが、45度くらいになっています。

 

 

関連記事