Topics

屋根コロニアル縁切り

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

屋根コロニアルを塗装しています。

こちらに、タスペーサーというものをコロニアルの間に入れています。

あえてスキマを作り、中に侵入した水分を排出しやすくしています。

このように縁切りをしないと、コロニアル同士が塗料で密着してしまい、毛細管現象で水分が内部へ入り込んでしまいます。

 

 

関連記事